座りっぱなしが招いた腰痛をモットンのマットレスで解消

とある建築関係の仕事に就いている私、今まで現場で作業する業務だったのだが、
会社の都合で現場管理の職種に変わった。

現場での作業量はグッと減り、事務所でのデスクワークが多くなった。
そうなると体の負担が減るものだと思っていたのだが、後にそれが大きな間違いだと知る。
むしろ今まで経験した事のない体の不調に見舞われる事となる。

ある朝起床すると何かがおかしい、腰を動かすと痛くてしょうがないのだ。
現場作業で散々体を酷使してもこんな経験は無かったのに。

歩くのも、車に乗るのも一苦労、運転をすれば走行時の振動が腰に響き、
拷問のようなドライブを味わった。

明らかにおかしい状態であるため整形外科を受診する事に、
上記の拷問ドライブの末なんとか到着、待合室には腰やひざの悪い高齢者が多かったが、
恐らくその時の私はその方達以上の腰の悪さだったろう。

待合室の椅子に座っても痛みはあるが立っているよりはマシである、本当は寝転がりたい位だが
そんなスペースは無かった。

ようやく私の順番が来て診察室に通される、レントゲン撮影をされる、
レントゲン写真を先生が確認したところ、私の腰の辺りはあまり良い状態ではない事が分かる。
私は太目の体系なのだがそれとデスクワークが多くなった影響で腰に負担が掛かり、
椎間板が少しはみ出し気味だと指摘された。

そもそも座りっぱなしというのは動き回るより腰に負担が掛かると教えられた。

ただ良い状態ではないものの手術したりする必要ある状態ではないため
安静にしてしばらく様子を見てみるという事になった訳なのだが、それは要するに
この腰痛としばらく付き合っていかなければいけない事を意味する。
そりゃ腰痛がすぐに治るわけないのはわかるけど。

痛み止めの貼り薬、内服薬を処方され、腰のサポーターを渡された。
腰周辺ある程度締め付ける事により腰への負担を軽減するらしい、
分かるような、分からないような理屈だが腰の痛みに苦しんでいる私には
負担が軽減できるというのならその方法を実践する他ない訳だ。

確かにサポーターを装着すると幾分楽になったような感じはする、
だけれども相変わらず痛い事には変わらない、
会社には診断書を提出し、しばらく休みを取って療養に専念する事になったが、
完全寝たきりという訳にはいかず、当然トイレや食事には起き上がり歩かねばいけない。
このほんの些細な行動が一苦労であった。

サポーターと痛み止めの薬のおかげで多少和らいだとは言え痛い事には変わりない。
そんな状態が半月位は続いたと思う。

その後完全に回復し、腰痛は再発していないが正直長時間椅子に座っていると
あの腰の痛みの記憶がちらつく。

そんな腰痛を解消してくれたのがモットンのマットレスでした。

モットンを使い始めてから腰痛の調子がすこぶる良いのです。

モットンありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です